フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« 骨痛とお知らせ | トップページ | 条件付ではありますが・・・ »

2011年7月26日 (火)

腐り気味~(苦笑)

また2日サボってたブログですが とらまま♪は元気(?)ですよ(苦笑)

23日にはムサシママちゃん、昨日はせないちごさんが面会に来てくれましたsign03またおしゃべりに花が咲いて 楽しい時間が過ごせましたheart04ありがとうございましたぁhappy01happy01happy01

自分が立てた入院のプランでは もう今日あたりは退院してる予定だたので ちょっと腐ってますけどねdash

昨日の採血の結果が思ったほど良くなくて 結局明日水曜日の採血の結果も診てみないと 一時退院の許可が出せないって先生が・・・sweat01

脱獄するかのごとく逃げ出すっていう手もあるけど まさかそんなこともねぇ。。。coldsweats02

まぁ、血液中の炎症反応も正常値まで下がり 抗生剤の投与もなくなったので 右手首ちょっと上らへんに入ってたルート(留置針)がはずされ だいぶ自由になったからずいぶん楽にもなったけど だからこそ早く帰りたいってもんだよbearing あ~、じれったいimpactimpactimpact

Grl_0006

Grl_0007

先週とらぱぱがお休みだった日に行った秋ヶ瀬公園にて    

 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

前回の記事に ききねこさんがコメントをくださりましたshine

その内容がコメント欄だけではもったいない内容だったので 本ブログの記事として掲載させていただき、とらままワールド♪をご覧の皆様全員に読んでいただきたいと思います。

取り急ぎ
久しぶりにパソコンを開きました。

片柳コミセンにて知り合った
Mさんより

とらままさんのブログを読んで!
とメールがあり…

帰宅する際 バスの中で読みました。
お恥ずかしい限りですが
涙が止まらなくなり…

あの日3月12日

職場から戻った私は
退避勧告のサイレンと放送が飛び交う中

迷った末犬と猫を乗せ

車で丘の上ペットクリニックに姫子を迎えに行きました。
その際 ドッグランには 2頭のフレンチブルドッグが
不安げな表情にて私を見つめており…

私は どうしてよいのかわからず

再度 動物病院の本院を訪ねましたが
行き違いだったようです。

その後、我に返り
まだ消息のつかなかった
長男を職場のある広野町まで迎えに行き 
ならは道の駅にて
奇跡的出会うことが出来ました。

長男の職場近くに
津波が来たとの情報を広野町の消防団の方か聞き
職場の方からは 3月11日の夕刻には会社を出たと言われ
もう生きていないかも…と

再会できたときは神様はいるんだと思いました。

再度、長男、ペットたちと富岡に戻り
丘の上~に 奇跡を信じて姫子を迎えに行きました。
やはり行き違いでした。
午後3時近かったと思います。
その時も
フレンチブルドッグ達はいたのです。

私は手持ちのドライフードを
先生のペットのフレンチブルドッグと病院の
うらにいたプードルに
ごめんね…ごめんね…と言いながら
まいた記憶があります。

あの子たち 生きていたのですね。
あの時 私はあの子たちを置いていきました…
本当にごめんね。
そして…姫子必ず迎えに行くから…大声で叫びました…
結局 約束は果たせなかったのですが…

うちの車は人間2人と犬4匹猫2匹でいっぱいいっぱいでした。
車のミラー越しに涙でわびながら
警察の指示にて
川内村に向かったこと…思い出します。

川内村も危なくなり、第一原発3号機が爆発した3月14日 屋内退避の指示が出て
外につないでいた 4匹の犬を車中にリードでつなぎました…

指示が解かれ…長男が車を見に行ったところ
ネネコは虫の息だったそうです。
リードが首にまきついて…
息絶えるまで蘇生を試みたそうですが駄目だったそうです。

ネネコは散歩のときも
私に気を遣うやさしい子でした。
埋葬すらしてやれませんでした。
状況が状況だったのは仕方ないのですが…
ネネコごめんなさい。

捨て犬だったネネコ…
必ず幸せにすると誓ったあの子に私は約束を果たしてやれませんでした。
次の日に私の親友…猫のキキに逃げられました。探してもやれず…本当にごめんなさい…キキ

そして2~3日と言われた避難ですが
長い道のりが始まります。

郡山に避難指示が出て
ガソリンが底をついていた 私たちは犬を捨てるか
バスに乗るか
選択を迫られ…

結局私たちは犬を捨てる事はできませんでした。
凍結した雪の山道を郡山目指して
エアコン 暖房を切り…途中でビバークする覚悟で…

運よく途中のスタンドのご好意でガソリンを入れていただき
なんとか郡山にたどりつく事ができまし
犬猫のおかげで車中は暖かかった…

私は無理やり
犬たちを連れ出すことが出来ましたが…
でも…みんな好きでペットを捨ててきたわけではありません。
どうしようもない状況だったのです。

ペットは連れてくるなと言われた人もいます。

丘の上ペットクリニックの先生…
うちの姫子を最期まで守ってくださり…ありがとうございました。
そのことでつらい思いをさせて申し訳ない気持ちでいっぱいです。

先生に連絡がついたら
お礼を言いたいと思います。
今まで10年以上うちの犬や猫を診てくださって
本当にありがとうございました。

自宅に生き残った犬を連れて帰ることができたら
先生のお世話になれたら幸せです。

地震大国の日本
どこで大きな災害が起きてもおかしくありません。
どうか…今後 私どもと同じ思いをする方がでませんように…
そして…理不尽に命を奪われた人間や動物たちがいたこと
忘れないようにしたいと思います。

最後に自分の気持ちを吐露してしまい
恥ずかしい限りですが…

とらままさんには本当に感謝したいと思います。
痛みと戦う毎日
どんなにつらい事でしょう…
一日も早く再会できます事…祈っています。

実は一時帰宅決まりました。
7月31日 4ヶ月ぶり!
ネネコの写真を我が家に取りにいってきます。

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ききねこさん、本当にありがとうございましたweep

ききねこさんとの出会いもきっと運命だったのでしょうね。

Mさんもききねこさんにメールでお知らせいただき ありがとうございましたshine

実はこの丘の上ペットクリニックさんのツイッターのアカウントを見つけたので どうにかして連絡をつけたいと思ってます。でもこういう時に限って 消極的になってしまう私sweat01 っていうか ツイッターの使い方がわかってないんだなbearing

ちょっと頑張ってみますwink

« 骨痛とお知らせ | トップページ | 条件付ではありますが・・・ »

コメント

こんにちは☆
公園で遊んでるワンちゃん
楽しそうですね♪
入院って大変そうですね^^;
頑張ってくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨痛とお知らせ | トップページ | 条件付ではありますが・・・ »