フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« 身内の安否 | トップページ | 今回の大地震・・・ »

2011年3月13日 (日)

東北地方太平洋地震 被災動物救済

タイトルのような事象で色々な活動が動き出してるようですが 何事も焦らず冷静な対応をされた方が懸命だと 個人的に思っています。

下記の内容は友人であるせないちごさんのブログ 今日のBUDDYからの転載となりますが ご覧ください。

******以下コピペですが良くお読みください********



被災動物に関しては、阪神大震災以降、地方自治体の要請に応じ、
緊急災害時動物救援本部が設置されます

東北地方太平洋沖地震-緊急災害時動物救援本部

*緊急災害時動物救援本部構成団体: 

 社団法人日本獣医師会  財団法人日本動物愛護協会
 社団法人日本動物福祉協会  公益社団法人日本愛玩動物協会
 社団法人日本動物保護管理協会




災害時の被災動物対策に関しては、各地方自治体が災害対策基本法に
基づく地域防災計画や動物愛護管理法に基づく動物愛護管理推進計画
の中で施策に組み込んでいます。

各地方自治体が、被災住民の要望に応じ緊急災害時動物救援本部に
救援・協力依頼を要請する手順です。

緊急災害時動物救援本部は緊急時の基金や資材を準備しており、
被災地の皆様におかれましては、一緒に被災したペットが支援を受けられる
体制(動物救護シェルターの仮設、被災動物の収容、資材、物資供与等)
を自治体へ要望して下さい。

緊急災害時動物救援本部が中心となって行う被災動物救援事業に、
全国の皆様の暖かいご支援をお願い致します。
(支援金や物資、ボランティア実働要員等)


************************************

文章が堅苦しく 読みづらいかもしれませんがそういうことだそうです。

今はこの問題に対し、物資の援助、寄付金などが必要となった場合の準備をされて待ってみてはいかがでしょうか。

私もはっきりとした表現をできないので理解されにくいかもしれませんが 多少無理をして書くと 信用できるレベルのレスキューや愛護の団体を見極める自信がないため このような発信の仕方となってしまっています。

本当に困ってる人へ確実な支援をしてくれる団体を ご自分の目で見極めていただけたらいいなぁ。。。と思っています。 

被災の実態が時間が経つにつれて 明らかになってきました。あまりのひどさに時折涙を浮かべながら TVに向き合っています。

私は仙台市でトリマーの資格をとりました。

その当時のクラスメートとは現在疎遠になってはいますが 岩沼市、気仙沼市、塩釜市、鳴子町 仙台市内に住んでいました。被害の大きい地域です・・・。

みんな助かっていることを 昨日6回目の命日だったアンディーの写真に祈りました。

一人でも多くの方に奇跡が起こり、家族との再会が叶うことを 心から祈りたいと思います・・・。

« 身内の安否 | トップページ | 今回の大地震・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身内の安否 | トップページ | 今回の大地震・・・ »