フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« 楽しい練習会♪ 後編 | トップページ | たんぼでディスク大会?? »

2009年6月18日 (木)

ラブ爺の本

2009062f072f112fd0098811_123414

ラブ爺・・・ 彼はもうこの世にはいない・・・

2007年2月7日に虹の橋へ旅立った子。

そのラブ爺の犬生が本になったsign03

作者は飼い主である「ターミ姉ちゃん」

サブタイトルにもある「明るい老犬介護のすすめ」

ターミ姉ちゃんがラブ爺の介護と向き合ってた時のモットーだった。

私はターミ姉ちゃんに一度だけ会った事がある。当時、すでにその天性のキャラクターで レトリバー飼いさんたちから 絶大な支持を受け 気持ちのよい さっぱり&きっぱり&的確なコメントは 色々なわんサイトでも評判で 会えるとわかった時から とても楽しみにしていたのだった。

ターミ姉ちゃんを目の前にし その口から出る数々の言葉が サイトで読んでいたコメントのイメージとまったく同じで 実物もさっぱり&きっぱり&的確な判断のできるニンゲンだった。

ラブ爺の介護をしていた頃も とあるサイト(今はもうないが)で ラブ爺の頑固爺ぶりを開けっぴろげに話し、『介護』というどっちかって言うと 暗いイメージである活動を 明るく面白く楽しげにやってのけてたターミ姉ちゃんであった。

その介護生活を中心とした本を執筆中であることも しばらく前から知っていて 「いつ出るんだろう・・・」と こっそりブログを覗きに行ってた事を ここで白状しておこう。

愛しいわが子を亡くしたことがある方も そういう経験はまだない方も 介護ってどうするの?と疑問を持ってる方も ぜひ読んでくださいgood本屋さんで確認してみてねwink

それと 昨日「犬のうた~ありがとう~」という曲のブログパーツを作ってみましたcherry最近、有線でも しょっちゅうかかるようになって とらまま♪は この曲がかかるたび 人気の少ないコーナーの通路に行っては 涙ぐんでます。これじゃ 仕事にならないので 結構困ってますsweat02 よかったら聞いてくださいねnotes

今週末 こんなイベントがあります。我が家はこの大会に出る 権利もなにもないので行きませんsweat02(一般枠でなら可能だけど・・・) 

でも いつかは招待枠でのエントリーができたらいいなぁ~と夢見る私ととらぱぱですsweat01  

« 楽しい練習会♪ 後編 | トップページ | たんぼでディスク大会?? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。