フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« 社長VSとらまま♪ | トップページ | アンディー号とノミ »

2009年6月30日 (火)

『マーケティングのプロには適いません』と 怪我のお話

昨日の会議(会議というよりミーティングなんですよ♪)での 『社長VSとらまま♪』

ディスカッションの時間が取れなかったので 社長の経営理論のようなお話を聞いてきましたwink

ペットショップでは大手と言われてる私の勤務先。現社長は 金融業界で生きてきた方。マーケティング理論は 彼の経験から培われた筋の通ったプロ中のプロの理論でしたscissors

お話の中ではずいぶん私の名前が出てきてたけど(色んな意味でsweat01) ゆっくり話すチャンスは0。でも 『社長もディスクドッグ大会を 一度見に来てくださいsign03』とラブコールを送ってきましたwink ホントに来てくれるといいなぁ~shine ワンとヒトとの絆を 見せてあげたいと思ってる とらまま♪でぇ~すgood

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

先日、あるお客様から とても辛いお話を聞きました・・・。

6頭のワンと暮らすSさん。その中で一番末っ子のボーダーコリーの男の子、ハジ君が 『前十字靱帯の断裂』という怪我をしてしまったのです・・・。ハジ君はS家のディスクドッグの中で 唯一の男の子。 うちのお店出身の子なんです。私もとても 心が痛むのです・・・

最近、とらまま♪のまわりでは 海珊瑚家の珊瑚ちゃんが アクシデントによる骨折、 ハジ君と同じボーダーコリーのルキさんは 椎間板ヘルニアが疑われ Yさんのおうちの璃紅ちゃんは 腸の手術をされ 安静の日々を送っています。 そんな中で ハジ君の怪我を聞いた時、ちょっと怖くなりました。

ハジ君は2歳とまだ若く、ディスクドッグとして これから活躍してくれるのを 飼い主さんもとても楽しみにしてました。もちろん、私もその1人ですよ。そんな折に まさかこんな事になるとは・・・ 手術が成功しても 1年は激しい運動はできないし もしかしたら一生 ディスクをキャッチすることは 難しくなるかも・・・ 手術はあくまでも 普通の生活が送れるようになるための手術のようです・・・。

ハジ君は 『TPLO』という手術を受けるそうです。日本語では 脛骨高平部水平骨切り術というそうで ここに書いて説明するのは 難しいので 

コココチラで確かめてみてください。

コチラには 興味深い動画もあり ちょっとワンの歩行が気になるなぁ。。。っていう時などに 参考にしてみてもいいと思います。

とにもかくにも ハジ君の手術が無事に成功し 一日も早く 普通にお散歩に行けるようになるのを祈ってます。

 ハジ君の飼い主さんのSさんが とても落胆していました・・・。そりゃそうですよ、 ボーダーコリーという犬種に生まれてきたのに 怪我をしてしまった事で その運動能力や作業意欲を 封じなくてはならなくなってしまうんですから・・・。でも 飼い主さんのせいではないのです・・・。アクシデントは防ぎようがないことだってあると思うのです・・・。

しばらく S家の皆さんは 気苦労が耐えない事と思いますが どうかくじけないで 頑張ってください!!(生意気な事言って すみません・・・)私もハジ君ファンの1人です!

WishもD'sも 今までたいした怪我もなく ここまで来てますが それはホントに”たまたま”なだけで いつ大怪我をしてもおかしくないのだと思いました。いくら気をつけていても 事故は起きてしまうのですね・・・

でも 飼い主にできることは 注意深く 接する事しかありません。それでも怪我をしてしまったら それはもう運命みたいな物。

いままで以上に これからはもっと気をつけてあげようと思った ハジ君の怪我。皆さんもハジ君を応援してくださいね!

そして みなさんの愛犬にも 何か《ヘンだな》 と感じたら 迷わず受診することをおすすめしますと Sさんも言ってられました。

Hfc518_116

ハジ君のガゾがなかったので ハジ君のお姉ちゃん分のあきちゃん

« 社長VSとらまま♪ | トップページ | アンディー号とノミ »

コメント

ハジ君がんばれ~
まだ、2歳なのね・・・
コアも切ったのよ
コアの場合急性だったのかな?7歳だったかな
いまでも、一回鳴いた声が耳から離れないよ
よっぽど痛かったんだな
歳だしちょいとオデブでなったのか?と思ったけどそうじゃないケースもあるんだね。
手術の後はいつまた切れちゃうかとヒヤヒヤでした。
健康な足にも負担がかかるだろうし・・・

社長さん金融出身なのね
いろんな事想像出来ちゃうな~

 とらままさん、ご心配いただきまして、本当にありがとうございます。
 
 本日、ハジメの手術は無事終わりました。
 
 関節鏡という内視鏡で損傷部分の処置をした後に切開手術をしたそうです。
 
 とらままさんがリンクをはって下さったサイトは「TPLO]という手術について一番わかりやすい解説があるページだと思います。
 
 ハジメの怪我の程度は、2歳のボーダーコリーにしては、半月板をかなり損傷していたそうです。
 
 靭帯の部分断裂は繰り返し起こるそうで、今になって家族の話を聞いてみると、「そういえば後ろ足を片方上げている時があったかも・・・」と。
 気がついてあげなかった事にとても後悔していますが、ディスクができなくなってもこれからのハジメの犬生が充実したものになるよう一生懸命考えます。

 ハジメが手術をしていただいた動物病院は、先述しました「関節鏡」という設備がありました。
 これは、動物病院にはまだあまりない設備だそうですが、関節付近に数ミリの穴を開けて関節内部を見ることができるもので、そのままある程度の手術もできるようです。
 私も、ハジメのひざ関節内部の動画(録画)を見せてもらいましたが、往年のSF映画「ミクロの決死圏」さながらでした。

 鮮明なカラー映像で、損傷の度合いも一目瞭然といった感じで、レントゲン写真よりは、明らかに的確な評価を下せると思いました。

 ワンに与えるダメージが少ないので、関節に心配があるワンと暮らしている方は、一度相談してみると良いかと・・・。

 ハジメは順調に行けば1週間後に退院です。
 受け入れ態勢をしっかり整えてガンバリます。 

 まずは報告まで。 ありがとうございました。
 

 

 

★湘南のKoaさん★

そうだったね~。コアちゃんも手術したんだもんね~・・・。
ハジ君も 明確な理由がわからないみたいなの・・・。
もともと弱かったのが 磨耗して壊れちゃったのかも・・・・・。

術後のリハビリも 大変そうだよね。
言葉が通じないワンに
「走っちゃだめ!」とか「ジャンプはいけな~い!!!」って言っても
意味わかんないもん・・・。
でも きっとハジ君ファミリーの皆さんは 団結してハジ君を守ってくれるわ!
Koaさんも応援ありがとうheart04

社長は金融関係で 海外の支店にも長くいた方なのよ。
うちの会社の弱点を 直しに来てくれた方。
言ってる事は間違ってないし、今後の手腕も見せていただくわ♪

★ハジ君の父ちゃんさん★

ご本人様の了承も伺わずに 記事にしてしまった事をお許しくださいm(_ _)m

ハジ君の手術、確か今日だったよなぁ。。。と思いながら 今日1日勤務してました。
手術の名前をきいてから すぐ往診室にいた Kの獣医師にこの
TPLOについて聞いてみました。
獣医師も 最新の技術だから 大丈夫!!って言ってました。
ドクターの名前も 外科ではよく聞く名前なので 信じて安心の先生だよとも。

半月板、そんなに損傷してたんですか??
やっぱり もともと弱かったのでしょうか・・・

関節鏡、私もそのサイトで動画を見ました・・・
ちょっと具合が悪くはなりましたが。
でも すごい技術ですよね! あれなら確実に いらない部分だけ取り除けるって
いう感じですものね。
余計な部分(患部を切るときのメスの範囲)は切らなくて済むし その分切った傷口の治りも早いでしょうし。


1週間の間、淋しいでしょうね・・・。ハジ君の父ちゃんさんが 一番辛そうな気がします・・・★

受け入れ態勢も なかなか厳しいものがあるとは思いますが
女子軍団の「遊ぼう攻撃」から ハジ君を守ってあげてください!
ここはホントに難しそうですね・・・ 


ご報告をいただけるとは思ってもいなかったので とても嬉しいです!!
もしまたチャンスがあったら 直接お話できるのが一番なのでしょうが
ここにも書き込んでいただけると 助かります!!

ハジ君の一日も早い回復を 祈らせていただきます。

ハジく~~~ん、エイ エイ オ~

だよ~!!
頑張れ~~~★★

この記事へのコメントは終了しました。

« 社長VSとらまま♪ | トップページ | アンディー号とノミ »