フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« お散歩中に! | トップページ | ボスニャン! »

2006年6月24日 (土)

さいたま市迷い犬のページ

今日はお仕事がお休みなのでこんな時間に投稿しちゃいます。

「さいたま市の迷い犬」のページをHPのトップページにリンクしてから 毎日覗いて見ているけど、見るたび溜め息が・・・。

ここはどうにか「処分」しない方向で保護していてくれているらしいが、(実際はわからないけれど)こんなに毎日ワンが収容されている事実に落胆・・・。

現実を画面をとおして目の当たりにして 日本のペット事情はまだまだこんなモンかと・・・。

画像を見ると、ノラちゃんばかりではなさそうでちゃんと首輪もついている。捕獲した住所も広範囲に渡っているので ここのセンターの活動はなかなかなものと。

画像のないワンもいて 「負傷動物のため、写真の掲載はありません」と書かれてあったりして どんな怪我をしていたんだろう・・・と想像しては溜め息・・・。車に轢かれたのかな?とかワン同士のケンカなのかな?とか。

「写真の掲載はありません」と書かれたワンにいたっては 推定年齢が1ヶ月とか 2,3日なんていう子も・・・。望まれない出産で捨てられたのだろう・・・。今日、掲載されていたワンはお母さんと思われるワンも保護されていた・・・。ノラちゃんだったのだろうか・・・。

ワンはまだいい方で、ニャンのページはほとんどが推定年齢2,3日・・・。こんな赤ちゃんを保護して 誰がミルクをあげたりお世話をしたりしているんだろう・・・。育てて里親に出すなんていう事ができるのだろうか・・・。

このページをリンクしたきっかけは、お店にもワンを探している方がポスターを作製して「貼っていただきたいのですが・・・」といらしたりするので 保護された住所がお店の近くの場所だったりしたら ご近所と思われるお客様に「センターにこんなワンが保護されているのですが ご近所にワンがいなくなって困ってる方はいませんか?」と教えてあげようと思ったからなんだけど リンクしてからはまだ ワンがいなくなって困ってる方がいらしたことはない。

こんなに情報が発達して 飼っているワンのHPがわんさかある時代でも こんなセンターに収容されているワンもたくさんいるっていう矛盾がもどかしい・・・。ワンを我が子のように可愛がり 家族として一緒に暮らしてる方っていうのは 実際はホンの一握りなのだと感じてしまう。

ワンの幸せってなんだろう・・・。

そんな事を考えさせられる「さいたま市の迷い犬」のページ・・・。掲載されていたワンが削除されてるけど、ホントに飼い主さんが迎えに来てくれたのだろうか?それとも・・・。

皆さんはどう思われるのでしょう・・・。

« お散歩中に! | トップページ | ボスニャン! »

コメント

私も見て来ました・・・
でも、ここは里親は受け付けてくれないんですよね・・・
飼い主以外には渡さないようです・・・
飼い主が探してくれていれば、こんなに多くの子はココにいないはず・・・気が滅入ります・・・

★せないちごさん★
でもさ~、ここの業務内容を見ると、
「犬やねこの譲渡、里親探し」って書いてあるんだよね。
さすがに生後まもないワンニャンにミルクを与えて育てたりはできないと思うから やっぱり・・・。
見学もできるようなので、チャンスがあったら行ってこようと思います。

近年、さいたま市では、都市化の進展や核家族化を背景に、動物に対する接し方や価値観が多様化しています。
飼い犬の登録頭数は年々増加し、動物に係わる相談も複雑化しています。
ペット動物は、生活に潤いを与えるものの一つとして大切なものになってきました。
しかし、一部では飼い主のモラルを原因とする問題や、動物への虐待、悪質な販売が見受けられます。
動物愛護ふれあいセンターは、動物愛護精神の高揚をはかり、動物に対する正しい知識を普及させるための事業を実施します。
生きた動物とのふれあい体験を通して、幼い時期から命の尊さを知り、人は動物を思いやる気持ちを養い、人と人、人と動物とのより良い関係づくりを目指していきます。

ここのスローガンみたいなものを引用してみました。

ふれあい動物になれる子は どういう基準なんでしょう??

そうね・・どこの都市も同じように施行されているけれど、結局モラルのある人は、捨てたりしないし、制約が厳しいこういうところから、命を救ってくれるんだろうけど、お金で買って、簡単に捨てる人たちにモラルは通用しないわけで、結局こういうところへは足を運ぶどころか、見ようともしないでしょうね・・・ちなみに家の地区は県営の動物指導センターがあり、里親になるには何回か講習を受け、適正診断をして合格しないと資格を与えられません。厳しいんです・・・

ふれあい動物は、健康であること。人が好きで怖がらないこと。人から何をされても怒ったり、うなったり、噛み付いたりしないこと。決められた場所でしか排泄をしないこと
などなど・・・結構狭き門のようです。
セラピードッグも同じですね・・・

★せないちごさん★
ふれあい動物の定義って、そんなに大袈裟なんだ・・・。
この条件をクリアーできる子なんて いるのかしら?ピアリスはともかく、Wishは絶対無理だわ。
それをこのセンターの人が訓練してくれるのか??
そんな事、できるのかしら・・・。

車の免許も違反があると講習をうけないと更新できないように、里親になるのも合格しないといけないのね。
私は落第するかも。

昨日くらいから、岩●区の比較的お店から近い住所で、コーギーが保護されたらしくで画像が載ってます。
こういう子ってうちのお店出身の可能性がないとは言えないので、なんだか複雑なのです・・・。

初めまして。
私も、最近ワンを迷子にさせてしまいました。
まだ、みつかりません。管轄の施設には連絡しました。
毎日、走り回って探し、夜はこうして、ネットで思いつく限りのキーワードと公共の保護所を探してます。
ホントに・・。隅のほうで耳を垂れてションボリしているワンを観ると・・・。
切なくなってしまいます・・・。涙がでます(T△T)
今日、他県の保護施設のワン画像を見ていたら、わが仔では?と思うほど似ているワンを発見。
もぉ遅いので明日確認してみます。
私たちは、探し方を知らないというのが、今回よく判りました。
もし、見つかったら、コレを広めて行きたいと思ってます。

★あたふたさん★
はじめましてshine
お飼いのワンちゃんとはぐれてしまったようですね…。
心中お察しいたします…。
 
探し方もいろいろありますが実際そのような事になったら
私もナニから手をつければよいか 混乱すると思います。
我が家は3頭いるワンのうち2頭にマイクロチップを入れてますが(1頭は超高齢のため 入れてません)
捕獲されるような気がしないので 本来の意味をなすかどうか心配してます。

似てるワンちゃん、どうだったのでしょう???
該当ワンだったら メッチャ嬉しいんですけど…
あたふたさんちのワンちゃんが 1秒でも早く見つかる事を祈ってます…

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118867/10657005

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市迷い犬のページ:

« お散歩中に! | トップページ | ボスニャン! »