フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« ピアリスちゃん、わが道を行く♪ | トップページ | ダイちゃんの続報 »

2006年4月18日 (火)

一命を取り留めました・・・

060418_1237001 今日、私はお仕事がお休みだったんだけど、商品の入れ替えが行われるので 商品担当者として休日出勤をした。お昼頃に終わったので 一度家に帰ると いるはずのとらぱぱがいない。どうしたのかなぁ?と思って電話をしたら、実はとんでもないことが起きていた・・・。

とらぱぱの担当する牝馬がハライタを起こしていた。簡単に説明をすると、馬にとってハライタは命取り。原因は色々あるが人間で言う便秘だったり、消化不良だったり。馬の腸は体の大きさの割りに短く(草食動物は肉食獣より腸が短い)動きが悪くなったりすると ハライタを起こす。そしてそのハライタが 腸捻転や腸重積を引き起こし 七転八倒をした挙句、死んでしまうのだ。助けてあげたくても 体が大きいため 暴れた時に人が巻き込まれる可能性があり近づく事すらできない。なので手術もできないのだ・・・。

とらぱぱの担当馬のダイちゃん(仮称)は 今日の朝、いつも通りの調教をこなし とらぱぱにいつものお手入れをしてもらっていた時に 急におかしくなった。それまでは普段と何も変わらない様子だったのに・・・。マエガキという行動(馬が前足で地面を掻くしぐさ)を頻繁にするようになり 身体を触ると妙に熱かった。マエガキはハライタの時によくする行動なのだ。すぐに獣医を呼び、ダイちゃんは浣腸と痛み止めの注射を打ってもらった。獣医さんが浣腸をしたとき、あふれる糞で返り血ならぬ 返り糞をあびてしまったらしい(・・・)

その後、ますます行動がおかしくなり 洗い場につないでおいても 座り込むようなしぐさを苦しそうにしだした。目はつりあがり、本当につらそうな表情・・・。運動が腸の動きを活発にする場合があるので 引き手をつけて洗い場から引っ張って歩かせた。歩みもままならず、とにかく痛そうに 座るような格好をし、ひっくり返りそうな状態・・・。見ていた獣医さんも「これは死ぬかもしれないぞ」と言い出し、とらぱぱはなかり動揺したそうだ。周りで見守っていた人たちも「20年以上、この仕事してるけど こんなに痛がるのは見た事がない」と言った。

その後 厩に入れて様子を見ようと、観察していても とにかく七転八倒を繰り返し、鼻息は荒く、何度も寝転がり 頭、胴、脚をガツンガツンと厩の壁にぶつけてしまう。これでは二次災害的な怪我をしかねないので 調教の時に走るトラックの真ん中にある放牧場に連れ出した。痛がって何度も立ち止まり、その度に寝ようとするので そうさせないように無理矢理 歩かせた。

私が見に行った時、 ダイちゃんはとらぱぱ、獣医、とらぱぱと同じ職場の先輩たち総勢4人に見守られ 放牧場に座り込んでいた。とらぱぱは私を見るなり 「お前は見ないほうがいいんじゃないか?死んじゃったらどうするよ」と言った。確かにそのダイちゃんを見たとき、私の心臓はバクバクいっていた。もう、「死」は見たくない・・・。

獣医さんに「どうなんですか?」と聞くと、「状態は悪いですね・・・、腸の音が全く聞こえないんですよ・・・痛み止めが効かないんです」と言った。とらぱぱも「もうやばいかもな・・・」と言っていた。

ダイちゃんには 痛みの波があるらしく 歩いたり座り込んだりの繰り返しで 落ち着かなかった。七転八倒する事はなかったが、それはよい兆候ではなく、体力を消耗しきって 痛くても動けないだけと考えられた。それに今日は気温が高く、それも体力の消耗を急がせた。

放牧場で2時間くらい過ごしただろうか。ダイちゃんの状態を聞きつけて ベテランの獣医さんが状態を見に来てくれた。(最初から一緒にいてくれた獣医さんは まだ経験の浅い若い獣医さんだったので)ベテラン獣医は 聴診器をダイちゃんのお腹に聴診器をあて腸の動きを 聴いてくれた。

「腸もいくらか動いてきたカンジがするけどなぁ。脈拍はまだ早いから このまま落ち着いてくれれば ほぼ大丈夫だが、もっと早くなるようなら 危険な状態。今はなんとも言えないな。ただ、ここにいて 下手に動きすぎても危険だから 厩に戻したほうがいいな」 という診察結果。早速 ダイちゃんを引っ張って 厩に戻った。

ハライタの時は絶食が基本。ダイちゃんは口カゴをかけられ 厩に入れられた。水はOKなので 喉が渇いていたのか ゴクゴク飲んだ。

とらぱぱの先輩2人も ずっと付きっ切りで見守ってくれていた。しかも 朝から(ってか、昨日の夜から)何も食べていないとらぱぱにおにぎりまで買ってきてくれた。

ダイちゃんの容態は かなり安定してきたようだった。痛み止めを合計7本も打った。1本30センチはあろうかという注射器で。マエガキもしなくなったし、ウトウトと眠るようなしぐさも見せた。これは大丈夫か!!なので私は 家に戻り せっかくのお休みなので せないちごさんの所にお邪魔しに出かけた。とらぱぱはもちろん ダイちゃんに付きっ切り。午後8時前、やっと家に戻ってきた。

という訳で、午後6時に最後の痛み止めを打ってからもうすぐ4時間。薬の効果が切れるころ。これからまた厩に行って 様子を見てきます。たぶん、安定してると思います。厩の2階に住んでる T君から電話が来ないので。

ハライタ(セン痛とも言う)で亡くなった名馬 ナリタブライアンも一度持ち直したが結局死んでしまった・・・。楽観はできない。

では、行って見てきます。何でもない事を祈ってくださいね。

« ピアリスちゃん、わが道を行く♪ | トップページ | ダイちゃんの続報 »

コメント

10時ごろ、一度こちらにおじゃまして、読んでビックリ!?でした・・・。
ロジャーのラブ!?を見ていただいたって事は、ダイちゃんの容態は落ち着いているのでしょうか?心配ですよぉ(><)
体の大きな動物の場合、こんな時、人間がどうにもできない事もあるのですよね・・・

最近、犬の事故(土佐犬が人間を襲った)が報道されましたが、飼い主が亡くなって、ご近所だった方が世話をしていたらしく、檻の鍵が外れていた為、脱走してしまい、通行人に襲い掛かったそうです。噛まれた方は、お気の毒にも亡くなってしまったそうですが、
きっとこの土佐犬、飼い主の方にとても忠実な子だったのでしょうね・・・
一外に犬だけが悪いとは思えなくって・・・。
懸命に生きようとしているダイちゃん、どうか、一日も早く容態が回復することを祈ってます!!

ダイちゃんもとらぱぱさんも関係した方、全員大変でしたね。
ダイちゃんの痛がる様子はその場にいなくても、とらままさんの説明で伝わってきて可哀想で可哀想で…。

昨日の夜中「バースデイ」という番組で北海道の高校生が育てた競走馬のドキュメントを見たばかり。なのでなんかとってもリアルに感じちゃって。

1頭しかいない母馬は難産を乗り越えて牝馬を産んだの。
でも足に異常があって、それを治すために毎日毎日気を使いながら歩かせてなんとか完治。
いよいよ競に落とす日がきて、そこで声がかからなかったら、一生懸命育てた子馬は競走馬としての運命が遠のいてしまう…。
でも無事声があがり落札してもらえたという話。
一頭の競走馬を送り出すためには、その裏でものすごい時間と労力と努力…いろんな事を乗り越えてあの美しい競走馬ができあがるんだよね。

なんか話がズレちゃったけど(しかも長いし)ダイちゃんが一日も早く元気になって、とらぱぱさんを安心させてくれるように祈っています。

>ロジャー’S主人さん
ご心配 ありがとうございます。
ダイちゃんは まだ元気はないけど
なんとか頑張ってます。
もう、大事に至ることなく、どんどん回復
してくれるはず。
 
私がとらぱぱの転職に賛成したのは
競走馬の命の短さに 同情したから・・・。
早く走れなくなったら 淘汰されてしまう運命を 少しでも私の存在で癒せたら・・・、なんて大げさな事を 本気で思ってました。
もちろん、今でも思ってますよ。
なので、ダイちゃんも下手したら殺されてもおかしくないんです・・・。
馬主さんの気持ちしだい・・・。
早くいつも通りのダイちゃんになってくれないと、馬主さんが機嫌を損ねちゃうかも・・・。
食欲がなく いまいち元気のないダイちゃんですが、きっと元通りになってくれると思います!とらぱぱもいつも以上に気を遣って
見ています。

土佐犬の事件、知ってます・・・。
不幸な事件ですよね・・・。
この子もきっと悲しい事になってしまってるのでしょうね・・・。
ワンに罪はないのに どうして・・・。
結局、人間の関わり方しだいで 運命が決まってしまいますからね・・・。
もうこんな事件が 起こりませんように・・・。

>ヨチ様
ホントにビックリしました。
とらぱぱの不安そうな顔が なおさら事の重大さを語っていて・・・。
さっき、厩を覗いてきたけど まだ食欲がなくご飯をいっぱい残してました。
また口カゴをつけられてしまいました。
寝藁という干草を食べないようにするためです。これがまたハライタの原因になるのです。

ここの高校、馬産地の高校かな?
以前も競走馬になった子がいましたね。
しかも1勝したはず!
馬って ホントにたくさんの人間が関わって育ってますからね。
セリで売れなかったら ただ飯くらいの迷惑モノになってしまう・・・。
でも、その子は無事に売れたんですね!!よかったよかった!!

ダイちゃんのこと 祈っていただいてありがとうございます。
早く普段のダイちゃんに戻ってくれますように、私も祈ります。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118867/9657420

この記事へのトラックバック一覧です: 一命を取り留めました・・・:

« ピアリスちゃん、わが道を行く♪ | トップページ | ダイちゃんの続報 »