フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

骨髄バンク

応援してます

迷子

無料ブログはココログ

« すいません!K-1見ます!! | トップページ | 明日はサッカーの試合です★ »

2005年10月13日 (木)

白いインコちゃんのお話

2ヶ月くらい前、中年の女性と娘さん(中学生くらい)が セキセイインコを探してお店にいらした。何羽かいたのだが、昔も飼っていたという、「白い」インコがどうしても欲しいということで、注文して帰られた。 数日後、入荷したので連絡すると、早速お迎えにきてくれたので、飼いかたとごはんのあげ方の説明をしてから 連れて帰った。「もし、帰ってから2,3日中に 何かあったら連絡ください」とお願いした。

それから2週間くらいして その女性が白いインコを連れてやってきた。

「2~3日前から、立てなくなってしまったの・・・」ということだった。小動物担当者もいなくて 私が対応した。

インコちゃんを見せてもらったら、便普通、元気アリ、さえずりも○、だけどやっぱり立てない。足に力が入らず、止まり木にもつかまっていられない状態。こうなってしまうと、ペットショップでは 手に負えない。やはり専門家の判断を仰ぐしかない。

「う~ん、おかしいですね・・・。やはり病院でみてもらった方が いいと思います」と その女性に言ったのだが、「どうしよう・・・、死んじゃうのかなぁ・・・、病院って行ってもねぇ・・・」とかなり悲観的。心配だけど どうしていいかわからないといった状態。

良くなるまでこちらで預かるという手もあるのだが、この状態では 自信がない。 この症状が出る病気を調べてみたら 「脚気」の症状のよく似ていた。ビタミン、カルシウムの不足で起こる。そのお客様に これまでの飼いかたを確認してみると 2,3点 あたる部分があった。なので 「脚気」の症状を緩和させる 小動物用のサプリを奨め、「とりあえず、これをあげてみてください。でも、やはり病院に行かれたほうが はっきりした原因が わかると思いますよ」と言ってみた。それでも「どうしよう・・・」と言いながら 帰られた。

その後、気なって電話をしようか迷ったが、もし万一のことがあったら・・・と思うと なかなかできず、もどかしい気持ちでいた。

そのお客様が昨日みえた。顔を見て、思わず「お母さん、あれからどうしました?電話もかけようと思ったんだけど もし亡くなってたりしたら・・・、と思うとできなくて・・・」と正直に言った。そのお客様は私に会いに来たんだよと言って、その後のお話を詳しく教えてくれた。

結局、状態が変わらないので 電話帳で小鳥の専門医を探して インコちゃんを連れていったそうだ。私も 知ってる小鳥の専門医を教えてあげたのだが、場所が遠すぎるとので もっと近い病院を探したそうだ。

原因はなんと、骨折!足の きっと指の部分だと思うのだが、そこが2箇所骨折してた。お客様も、後から考えたら あの時に折ったんだ・・・と思う事があったようだ。 レントゲンをとり、小さなビンに入ったお薬をもらい、かかった料金は1万円。その後、もう1度通院して 検便もしてもらい その日が6千円。そこに行くための交通費、往復三千円弱(娘さんと2人で行ったので。)「お金じゃないね~。元気になったらそれでいいもんね」とおっしゃった。

今はもう、止まり木にも 止まれるようになり 元気いっぱいになったそうだ。そのお話を聞いて思わず、「お母さん!エライ!!ホント、すごいね!!インコちゃんのために そこまでしてあげたなんて!!」と言って お客様と笑いあった。「お姉さんが 一生懸命調べてくれたり 心配してくれたので、ちゃんと報告しないと と思って、今日はここに来たんだよ。」と言ってくれた。マジで嬉しかった。こういう瞬間があるから、ペットショップで働く事は 辞められない!! インコちゃんも 今度連れてきてくれるそうだ。これも超楽しみ♪

ワンやニャンも可愛いし、大切に思うけど、こうやってインコちゃんを大事に大事にしてくれるお客様は 人間としても 素晴らしい気がする。小動物は ワンやニャンより 専門の獣医が少ない。きっと、儲からないからだと思う。今、友人宅のフェレットが 老衰で衰弱し始めた。やはり 専門医がいなくて苦労していた。だから まだワンやニャンは恵まれてるほうなのかもしれない。

インコちゃんといい、アンディー君といい 早く会いに来てくれないかなぁ~★

« すいません!K-1見ます!! | トップページ | 明日はサッカーの試合です★ »

コメント

とっても素敵なお話ありがとうございました!
インコちゃん元気になって良かったですね。
確かに優しい飼い主さんだと思いますが、とらままさんの情熱とやさしさがこのご家族を動かしたのですね。

色々な考えの下、ペットショップには行かないという方もいらっしゃいますが、私はRubyを連れてホームセンターのペット館に良く出かけます。(Rubyはブリーダーさんからの子ですが)
今はそこで何かを相談すると言うことはないのですが、これからはとらままさんのような方を見つけて色々お話したいなと思います。(^^)

とらままさん、こんにちは。
インコちゃん良かった~♪
読みながら「ドキドキ」しちゃいましたよ。

動物病院ってなかなか探すのって難しいですよね。
病院選びでその子の人生が変わっちゃいますって位
重要だと思います。(ちょっと大げさか?)
Zのかかりつけは、義兄の動物病院。
獣医師さんが沢山いていつも丁寧に見てくれます。

初心者ながら、ブログ開設しました。
良かったら遊びに来てください。

http://dobermannz.blog29.fc2.com/blog-entry-1.html

頑張ります・・・。

>Hirokoさん
ルビィちゃんはやっぱりブリーダーさんからhirrokoさんの所へやってきたのですね!
その頃はまだ英国ゴルは 少なかったでしょうね。

ペットショップもスタッフしだいですよね。知識が未熟だったら そこをカバーできるような接客をすればいいのです。
「わかんない~」では 何事も解決しません。
一応、専門店と名乗ってる以上、恥かしくない接客を心がけたいものです。
もっと頑張るぞォ~!!

>ヒロミさん
そうですよね!義兄さんが獣医さんだった!!
前に聞きましたよね★
今度、どこの獣医さんか 差し支えなかったら
教えてください★

インコちゃん、ホントによかった!
でも、その獣医さんは 私がお母さんに奨めた商品を
「あげなくていいです」と言ったそうです・・・(号泣)
でも、その時は原因もわからず、必死だったんです!!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118867/6385459

この記事へのトラックバック一覧です: 白いインコちゃんのお話:

« すいません!K-1見ます!! | トップページ | 明日はサッカーの試合です★ »